menu(メニュー)配達員バイトのいろんな話が話題になっていますが、実際のところ稼げるのか、結局どうなのかを知るにはやってみるのが一番早いのが事実です。

でもそうは言っても始めるのは手間がかかりますし、準備するのもだるいですね。

ここでは、本音でウーバーイーツとメニュー両方をやっている筆者が、実際menu配達員をして稼げるのかをお伝えできればと思います。

 

menu(メニュー)配達員バイトは固定給料ではない

まず、自分で書いておいてアレですが、menu配達員はバイトはなく、固定給料は支払われません。

スタ◯とかドトー◯とか通常のカフェで勤務している場合であれば、「時給900円」とか「時給1000円」と決まった金額で、ぶっちゃけその時間その場所にいれば必ずお給料が守られますね。

ですがmenu(メニュー)配達員は「個人事業主」としてmenuと契約をするので、「配達を1件完了するごとに」報酬が支払われる仕組みになっています。

なので、「menu配達員に登録したら安定的にお金がもらえる」

「menu配達員に登録すれば稼げる」と安直に考えるのは間違いで、お金を稼ぐためには必死に配達を頑張る必要があります。

まずはここを押さえてください。

menu(メニュー)配達員バイトの収入イメージ

先ほどお伝えしたように「menu(メニュー)」配達員は「1件配達するごとに報酬がもらえる」という仕組みになっています。なので常に時給が同じということはないです。

とは言っても、「ある程度の時給換算の範囲」があります。

それをお伝えすると、「700円~ 3500円」です。

そして、もう少し真剣に読んでくれている方のために誠実にお伝えすると、ちゃんと配達の依頼が入るエリアや地域で、かつ注文が入りやすい時間を中心に稼働すれば、

時給2000円はいけます。

エリアに関していうと例えば以前、東京の自由が丘でmenuが始まって最初の日に配達しようとしたところ、1時間経っても1件も依頼が入らず、マジで時給0円でした。

ですが、それにうんざりしてその日はしばらく、ウーバーイーツをやってたんですね。ウーバーイーツは自由が丘でも依頼が入りました。

で、その後恵比寿に移動して再度menuのアプリを起動したら、バンバン依頼が入るようになりました。

レベルアップ報酬とかも含めると、時給換算2000円は超えていました。

menu公式からもメールで連絡がきますが、銀座や恵比寿や六本木など、注文量が多いエリアと、そうではないエリアの差がまだ大きいので、まずは銀座や恵比寿あたりで配達を始めるといいと思います。

menu(メニュー)配達員バイトのメリット・得られるもの

①給料の即時引き出しができる

 

2020年7月31日から給料の即時引き出しができるようになっています。アプリにある「出金ボタン」から申請することで、最短当日、遅くとも7日以内に登録口座に給料を振り込んでもらえます。

例えば今日配達をして10000円を稼いだら、その日中にお金を振り込んでもらえます。

普通のバイトだと働いた日から給料が実際に振り込まれるまで、日にちによっては2ヶ月かかることもあるので、この給料の振り込みスピードは大変ありがたいと感じます。

 

②自転車・バイクで冒険気分を味わえる。運動にもなる。

配達をしていると感じるのは、「バイト」とは違って「冒険・ゲーム感覚で仕事できる」という点です。

いや、もちろん長時間配達をするのはきついんですが、1件1件どこのお店に取りに行くかもわからないし、どこに配達をするかも分からない訳です。

自分が今まで入ったことのないマンションに行ったりするのはワクワクしますね。

③好きな時に仕事してお金を稼げる

あとやっぱり「自分で仕事をするタイミングを選べる」というのは大きいですね。

「シフトに入れなくてお金が稼げない」ことや、「シフトに入らないといけなくて休むことができない」ということもありません。

「休みを取りたいから調整する」というのも、職場によってはものすごく大変ですよね。

例えば筆者は塾講師をやっていたことがあり、個別授業を行なっている曜日を変更しようとすると1人1人にお願いして曜日を調整することになります。

1日休むために5人、6人に謝って休みをとっていましたが、menu配達員であればそんなことをせずに自由に休みを取れるのが大きな強みだと感じます。

家賃100万~200万円くらいするような場所に行くことも。

 

配達をしていると、家賃が100万円とか200万円くらいするような場所に行くこともあります。

なんというか、空気感がやっぱり違うんですよね。

建物もすごいし、住んでいる人も余裕があって。

筆者自身は友人にそういう人がいなかったので、そういう家に届けに行くだけで、「違う世界を見ている」というか、「こんな世界があるのか」と感じられるのも、この配達員バイトの楽しさでもあると思います。

menu(メニュー)配達員バイトの給料日・振り込みはいつ?

2020年8月1日からは全て、アプリで「出金」ボタンを押すことで即時支払いになっています。

最短で当日に登録口座に日払いで、全額が振り込まれます。

「出金ボタン」を押してから遅くとも7日以内には貯まった報酬の全額が振り込まれます。

出金金額が20000円を超える場合は月に4回までは手数料が無料ですが、それ以上の回数や、19999円以下の場合は、振り込み手数料として400円が差し引かれます。

自分の欲しいタイミングでお金を7日以内に振り込んでもらえるのは普通にめっちゃ嬉しいですね。

 

menu(メニュー)配達員バイトのエリア・地域はどこ?

東京と大阪市の一部エリアがmenuデリバリーの配達エリアになっています。

これから拡大していくことを期待したいですね。

東京都23区(早稲田(新宿区)、新宿(新宿区)、西新宿(新宿区)、四谷(新宿区)、飯田橋(千代田区)、赤坂(港区)、表参道(渋谷区・港区)、六本木(港区)、浜松町(港区)、麻布(港区)、渋谷(渋谷区)、恵比寿(渋谷区)、水道橋(千代田区・文京区)、日本橋(中央区)、勝どき(中央区)、晴海(中央区)、目黒(目黒区)、自由が丘(目黒区)、下北沢(世田谷区)、上野(台東区)、秋葉原(台東区)、浅草(台東区)、両国(墨田区)、押上(墨田区)、錦糸町(墨田区)、墨田区北部(墨田区)、池袋(豊島区)、目白(豊島区)、中野(中野区)、方南町(杉並区)、武蔵関(練馬区)、上井草(杉並区)、西荻窪(杉並区)、久我山(杉並区)、高井戸(杉並区)、大井(品川区)、旗の台(品川区)、南六郷(大田区)、西糀谷(大田区)、蒲田(大田区)、大森(大田区)、千鳥(大田区)、雪谷(大田区)、太田南馬込(大田区)、成蹊学園(武蔵野市)、井の頭公園(武蔵野市)、吉祥寺(武蔵野市)
神奈川県(川崎市(幸区、武蔵小杉(中原区)
大阪府(大阪市(天満(北区)、中崎町(北区)、中津(北区)、梅田(北区)、北新地(北区)、中之島(北区)、大江橋(北区)、新福島(福島区)、福島(福島区)、北浜(中央区)、天満橋(中央区)、谷町四丁目(中央区)、堺筋本町(中央区)
が現時点でのメニュー(menu)デリバリーの配達対応エリアです。

 

menu(メニュー)配達員バイトで損しないために。登録方法を解説。

 

menu配達員をやる方は、最初の登録方法を間違えると30回の配達達成時に25000円の追加報酬がもらえなくなってしまうので注意してください。

下記のやり方で登録を進めると、30回の配達をした時に通常報酬とは別に追加で25000円のボーナスを受け取ることができます。

①まずmenu配達員公式募集ページから「メールアドレス」を送信する

②メールに送られてきたリンクで本登録を進めるが、その際に「招待コード」を入力する。

招待コードは「DYX248」を使用してください。

③給料を振り込んでもらう口座等の記入を完了させたらOK。2~ 3週間待って、メールに連絡がきます。アプリのダウンロードを完了させて、配達を開始できます。

 

まとめ

menu配達員の本音を書いていきました。

最初の30回は招待コードを使って登録すればやらないとかなりもったいないかなという印象です。

そのあとは、Uber Eatsと併用して配達をすると、個人的には月収40万円~60万円は行けるなという感じです。

バイクでやる方は1日3万円も狙えると思います。

 

© 2020 menu(メニュー)配達員の給料・時給・収入を公開中 Powered by AFFINGER5